EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス
    ニュース・文章

    国家知識産権局と司法部は、13の特許権侵害紛争行政裁決の典型的な経験・方法を紹介した


    このほど、国家知識産権局弁公室司法部弁公庁は北京、河北等の特許侵害紛争の行政裁決においてまとめた13の典型的な経験・方法を普及させるために、各地の特許侵害紛争の行政裁決制度の更なる健全化を促進する通知を印刷・布した。

     今回紹介した13の典型的な経験・方法は次の通りである: 「北京市は特許権侵害、権利確定の共同口頭審理メカニズムを形成」、「河北省石家荘市は縦横貫通行政裁決メカニズムを構築」、「上海市は特許権侵害行政調停司法確認制度を構築」、「浙江省は特許権侵害紛争事件の行政-司法バリアフリー移転メカニズムを構築」、「広東省中山市は行政裁決事件の多元化ワンストップ式紛争解決プラットフォームを構築」等。

     

    出典:新華社